製薬の業界の主な業種紹介①

薬剤師が製薬の業界に転職する場合、どのような業種があるのでしょうか。

また、薬剤師の勤務形態と仕事内容を比較して、転職には何が必要なのでしょうか。

・管理薬剤師

製薬会社だけでなく、調剤薬局、ドラッグストア、病院など「薬」を取り扱う場所に必ずいなければならないと薬事法で定められているのが管理薬剤師です。

管理薬剤師は大抵の職場で一人であることが多いです。

管理薬剤師の主な仕事は「薬品の在庫管理・品質管理」「薬剤師への教育・指導」「経営者への業務改善に関する提案」「医師とのコンタクト」など薬剤師の上司的な役割を任されています。

管理薬剤師になるためには試験や資格は必要ありませんが、薬剤師として数年単位の実務経験が必須になってきます。

未経験では難しいといえるでしょう。

年収は業種によって差がありますが、一般的な薬剤師の平均年収が400万程度に対して約100万円ほど多いとされています。

製薬会社の管理薬剤師は年収1000万円を超えることもあるそうです。

・治験コーディネーター(CRC)

CRCをひとことで表すと「治験に関わるあらゆる人をつなぎ、調整する」役目を果たしています。

治験実施計画書(プロトコル)・治験薬概要書の確認、治験を行う医療機関にて打ち合わせや関わる部署への説明、被験者の選択(スクリーニング)、被験者との面談・インフォームドコンセント(被験者が治験に同意し意思表示の確認を取ること)が主な業務内容となります。

治験を無事に遂行することが目的のため、業務内容は多岐に渡り大変ですが、やりがいのある仕事です。

CRCもまた、資格はありませんが、転職にはCRAや臨床経験のある人が有利とされます。

薬剤師についても、臨床は未経験でも、薬学の知識を生かし転職をすることは可能です。

年収ですが、CRCの平均年収は350~400万円とあまり高くありません。

薬剤師が未経験から転職した場合は年収ダウンは避けられないところです。

・CRA(臨床開発モニター)

CRCが主に被験者や医療機関をサポートするのに対し、CRAは被験者の安全性が保証されているか、適切に治験がなされているか、治験のデータが適正なものであるかを精査する「モニタリング」が主な業務内容となっています。

現在CRAは人材不足であり、未経験者でも転職が可能となっています。

もちろん薬剤師の資格と知識があれば転職もしやすいでしょう。

年収は約400万円程度なので、薬剤師の平均年収とほぼ変わりません。

Comments are closed.