製薬の人気職・薬剤師⑤将来性と定年後の再就職について

今現在、薬剤師は製薬の業界の中でも「安定した仕事」として広く認知されており、求人も多く転職を希望する人が多いのが現実です。

ですが、このまま薬剤師は売り手市場のままいくのでしょうか。


・薬剤師の飽和

将来、薬剤師は飽和傾向にあると噂されています。

その理由は大学の薬学部が6年制になったことにあります。

2000年代に薬科大学や薬学部の新設ラッシュを迎え、6年制薬剤師が今後増え続けるからです。

もちろんですが、将来すべての薬剤師の有資格者がその職に就くことはできません。

それだけの受け皿はいくら売り手市場とはいえ不可能です。

ですが、薬剤師は女性が多くライフステージの変化により退職や転職をすることも多く、また地方は深刻な薬剤師不足が続いています。

働く場所や職務により、薬剤師そのものの求人数が減るということは考えづらいでしょう。

また、薬剤師資格を有していても製薬会社で他の仕事に従事するなど方向転換をしている人も多くいます。


・薬剤師の定年と薬剤師の飽和

薬剤師自体は安定した職業であるため、離職率が低い傾向にあります。

製薬会社で定年を迎えた人が薬剤師資格を生かして調剤薬局などに転職する場合、将来的にハードルが高くなることは否めません。

どの職場においても若年層の雇用を推進しているため、6年制薬剤師が増えることによって転職状況は厳しくなるでしょう。

ですが、すべての人がそうとは限りません。

「(MRなど)前職で何をやってきたか」「これから何ができるか」「薬剤師以外の資格」など、本人のスペックが高ければベテランであっても転職は可能でしょう。

Comments are closed.