製薬の業界へ転職!職種紹介①MR

製薬に詳しくない人でも「MR」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
MRとはどんな職業なのでしょう。
b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

MRとは


MRとは「Medical Representative」の略称で医療情報担当者と訳されています。
製薬会社の営業部門に在籍しており、主な取引先は病院や調剤薬局です。
自社の医薬品を使用してもらうために、その医薬品に関する情報提供や売り込みをすることが主な仕事内容となります。
また、情報提供だけでなく、現地で聴取した医薬品の有効性や安全性・副作用などを企業にフィードバックすることも大切な仕事です。
営業の側面もあるため、医薬品の卸業者との価格折衝をする場合もあります。

MRはただの営業ではありません。
医薬品への正しい知識を持ち合わせることが必要なため、厚生労働省が認可した民間資格である「MR認定証」が与えられるようになりました。
資格の取得には試験と実務の両方が必要になります。
MRの仕事に必須ではありませんが、持っていない人はいないと言われるぐらいです。

・MR職の適性

MRは製薬の経験がなくても転職が可能な職種のひとつです。
コミュニケーション能力が高く、営業の仕事が好きという人に向いています。
年収は営業のためノルマや実績で大きく変動します。
平均で約700万円程度ですが、幅があるということを覚えておきましょう。
また、製薬会社のMRは国内各地への転勤が多いことでも有名です。
医師のスケジュールに合わせた休日出勤もあり、激務といえるでしょう。
女性の場合は結婚や出産で転職をするケースも多いです。

Comments are closed.