製薬の業界に転職する場合の職種や求人状況について

現在、薬剤師として働いている人が転職を考えた際、いちばん近くて転職しやすい業界が「製薬」ではないでしょうか。
今現在の製薬業界の求人状況はどうなっているのでしょう。

製薬会社の求人状況


求人数は多いのか、製薬会社の離職率は高いのか低いのかを説明します。
薬剤師が製薬会社へ転職する場合は、やはりハードルが高いといえるでしょう。
製薬会社で薬剤師が転職可能な職種として、研究開発や品質管理のほかにCRA(臨床開発モニター)やMR(製薬会社の営業職)があげられます。
例えば、製薬会社の研究職として新薬の研究や開発に携わりたいと考えた場合、薬剤師の資格さえあれば転職可能かといえば、そうではありません。
新薬の開発の求人自体が希少であり、なおかつ博士号を取得した人に限られているケースがほとんどです。
研究職は最も転職に難しい職種といえるでしょう。

製薬会社で転職しやすい業種は?


では、製薬の会社の中でも、比較的転職が叶いやすい職種はどのようなものがあるのでしょうか。
薬の品質管理を行う管理薬剤師は、その専門性を生かせれば転職は可能ですが、求人が少なく競争相手が多いことがデメリットです。

・資格が必須ではない業種

CRAやMRは薬剤師の資格は必須ではありません。
ですが、CRAは臨床開発が正確に行われているかのチェック業務になりますし、MRは病院や調剤薬局に自社の薬がいかに良いかを売り込む仕事です。
マストではありませんが、薬剤師の資格で得た知識を十分に生かすことができるため、無資格の人に比べ転職は有利といえます。
今現在の製薬会社の求人状況ですが、求職率は年々下降傾向にあるといっても過言ではありません。
研究・開発については、大手製薬会社がかつて開発した薬の特許切れが相次ぎ、新薬の開発についてもたいへん難しい状況です。
外資系製薬会社の拠点も減りつつあるため、門戸は大変狭いといえるでしょう。

求人数の多い業種は?


比較的求人が多い職種はCRAとMRです。
CRAは人気の傾向にあるため、倍率は高いといえます。
MRは薬剤師にとってかつて人気の職業でしたが、現在はある程度落ち着いてきているようです。
製薬会社の離職率ですが、研究職や品質管理などはやりがいもあり、離職率は高くはありません。
いちばん離職率が高い職種はMRです。
年収は高いですが、営業職のため残業や休日出勤・接待・転勤が多く激務であることが離職理由として最も多くあげられます。
またCRAは女性が多い職種であるため、結婚や出産・育児による離職が目立つことが特徴です。

Comments are closed.