Author: admin

製薬の会社で働く女性に関して

製薬の会社には、もちろん女性も多く就業しています。

ですが、他の業種にもあることですが、結婚・出産・子育てという人生設計と転職・キャリアバランスをどう取っていくかが社会全体を含めた課題となっています。

製薬の業界では、女性のワークライフバランスはどのようになっているのでしょう。


製薬会社での女性の活躍


もともと、外資系の製薬会社では「ジェンダーフリー」の考えのもとに、女性が活躍できる企業づくりを推進してきました。

現在、外資系製薬会社の女性管理職の比率は約20%であり、今後さらに30%に拡大をしようとする企業もあります。

この流れは、内資系の製薬会社にも波及しています。

2016年に「女性活躍推進法」が施行されたことも拍車をかけ、以前は女性の管理職は軒並み5%前後だったものが、軒並み倍増や10%以上に上げていこうとする動きがあります。

製薬会社への女性の転職はむしろ歓迎の傾向にあるといってよいでしょう。

製薬会社は職種の面からいっても、もともと女性が活躍しやすい土壌があったといえます。


女性の活躍の場を広める企業

製薬会社は、研究職や薬剤師、DIや臨床開発など、能力さえあれば男女問わず活躍ができる職種が多いことがその原因にあげられます。

ですが、女性のキャリア形成には会社を上げて取り組んでいかなければならない問題がまだたくさんあります。

例えば、家庭や子供を持つ女性には長時間の労働は向いていません。

MRは特に転勤や激務のため、年齢とともに女性の比率が右肩下がりの状況です。

そのために、裁量労働制やフレックスタイム制を取り入れたり、時間外労働の削減、在宅勤務の許可など「働き方改革」を掲げる企業が増えています。

女性として生きていく中で、結婚や出産・子育てなどライフステージの変化は欠かせないものになっています。

製薬会社では若年層の女性管理職も増えつつある中で、今後ライフステージに合わせた就労は可能なのでしょうか。

とくに外資系に顕著ですが、復職をスムーズに行うための事前トレーニングや復職研修など、独自のプログラムを採用している会社があります。

また、ほとんどの企業で復職後も時短勤務を認める制度を採用していたり、社内独自の女性管理職だけのネットワークが完備され出産や育児の相談窓口を設けている企業もあります。

さらに、ベビーシッターや保育所の補助手当など、手厚い福利厚生で女性の復職を支援しています。

「優秀な人材は男女問わず大切にする」という企業理念のもと、女性がさらに働きやすい環境で就業できるよう、内資系企業も今後なお一層のはたらきかけが必要でしょう。

製薬の会社に転職するメリットとデメリット

どの職業であっても、転職することのメリットやデメリットは必ずあります。

薬剤師が製薬の会社に転職した場合はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。


【メリット】

・給与水準が高く高収入

製薬会社の場合、ほとんどが正社員での雇用となります。

調剤薬局やドラッグストアなどで働いている薬剤師と比べると、収入格差は歴然としています。

数百万単位で年収が異なることもあります。

・土日休みが多いため休日の確保ができる

調剤薬局やドラッグストアに務めているとどうしても土日を含めたシフト勤務になりがちですが、製薬会社は基本一般の企業と同じく土日休みです。

なので生活のリズムを作りやすく家庭を持っている人に適しているでしょう。

(ただし、MR職は休日出勤があります)

・福利厚生の充実

製薬会社は大手企業がほとんどのため、福利厚生がきちんと整備されています。

また、「健康」を扱う会社であることから産休や育児休暇を取りやすい環境にあり、社員のQOLを大切にしているところがほとんどです。

・製薬会社に限らずですが、外資系の会社は「女性の地位向上」を掲げて積極的に女性を雇用しています。

とくに外資系製薬会社では女性優遇の傾向があるそうです。


【デメリット】

・研究職や学術職の求人が少なく、条件が厳しい

欠員が出ない限りは募集を行わない企業が多いため、門戸は大変狭いものとなっています。

募集があったとしても、博士号の取得が必須だったりと薬剤師の資格だけでは応募が困難な現状です。

・製薬会社そのものが人気のため、競争倍率が高い

どの職種においても、たいへん人気が高いためひとつの椅子を巡って何百人もの人が応募をしてきます。

特に臨床開発や管理薬剤師、DIは人気です。

職種を問わないのであればMRやコールセンターは比較的倍率は少なめです。

・職業ならではのデメリット

MR職は高収入でやりがいも高い職業のひとつですが、デメリットとうまく付き合わなければならない職種です。

転勤が多い、接待など気遣いを要求される、自社商品の開発が少なくやりがいを感じない、ノルマとの戦い・・・などがMRのデメリットとされます。

憧れの研究職であっても、思っていた研究内容とちがった、毎日単調な研究ばかりでやりがいを感じないという人もいます。

転職の際には、自分がこの会社でどのようなキャリア形成を行うか、明確なビジョンを持ってからにしましょう。

製薬業界の主な業種紹介②

薬剤師の転職で製薬の業界を選んだ場合、前述した業種が代表的ですが、ほかにも様々な職種があります。

どのような職種に転職が可能なのでしょうか。


薬剤師の業種一覧


・臨床開発(QC・QA・DM)

いずれも臨床開発に関わる職種で、主にCRO(医薬品の開発を請け負う外部機関)の求人が多いです。

QCは品質管理部門のことを指します。

CRAから提出された治験の報告書を基に、治験が適正に行われているかを検証する役割を担っています。

QAは品質保証部門を指します。

治験実施計画書(プロトコル)・治験薬概要書の通りに治験が行われているかを検証し、治験の品質を保証する業務を行います。

DMはデータマネジメントを指します。

CRAから提出された治験データををデータベース化するための業務です。

いずれの職業も、薬剤師の知識を生かすことができるため、転職しやすい職種といえるでしょう。

いずれも年収は400~600万円で、薬剤師の年収よりアップが見込めます。


・医療情報担当者(MR)

いわば、製薬会社の営業担当者です。

病院や調剤薬局に赴いて、自社の薬品を使用してもらうために医療情報を提供する仕事です。

製薬会社の中では求人数も多く、薬剤師の資格があれば転職のハードルも高くないでしょう。

ですが、医師や薬剤師とのコネクションを常に保つ必要があり、呼び出しを受けたらすぐに動けるようなフットワークの軽さとコミュニケーション能力が必要です。

残業や転勤も多いことがデメリットといえますが、その分年収は高く、600万円~高くて1000万円を超える人もいます。


・医薬品情報管理業務(DI)

「Drug Information」の略称で、製薬会社や医薬品卸会社などで自社の製品について情報管理を行う仕事です。

デスクワーク的な側面が強く、女性に人気のある職種のひとつです。

医薬品の情報だけでなく、医療機関やMRから提供された情報についても管理を行い、さらに求められた時には情報提供を適宜行うことも業務に含まれています。

労働条件も一般の会社員と同じく平日のみの勤務のため、薬局などで土日の勤務がある薬剤師にとっては、より働きやすい環境であるといえます。

年収は勤務先によりますが350~600万円です。


・コールセンター

DIに関する業務の一環として、薬剤師としてのコールセンターの仕事があります。

製薬会社に属し、自社の薬品についてMRや医師・薬剤師など限られた職業の人からの問い合わせ対応に答える仕事です。

正社員だけでなく、融通のきく派遣社員として働くこともできるため、家庭を持つ女性の薬剤師が転職しやすい環境といえます。

派遣社員の場合も時給が2000円台と高いです。

製薬の業界の主な業種紹介①

薬剤師が製薬の業界に転職する場合、どのような業種があるのでしょうか。

また、薬剤師の勤務形態と仕事内容を比較して、転職には何が必要なのでしょうか。

・管理薬剤師

製薬会社だけでなく、調剤薬局、ドラッグストア、病院など「薬」を取り扱う場所に必ずいなければならないと薬事法で定められているのが管理薬剤師です。

管理薬剤師は大抵の職場で一人であることが多いです。

管理薬剤師の主な仕事は「薬品の在庫管理・品質管理」「薬剤師への教育・指導」「経営者への業務改善に関する提案」「医師とのコンタクト」など薬剤師の上司的な役割を任されています。

管理薬剤師になるためには試験や資格は必要ありませんが、薬剤師として数年単位の実務経験が必須になってきます。

未経験では難しいといえるでしょう。

年収は業種によって差がありますが、一般的な薬剤師の平均年収が400万程度に対して約100万円ほど多いとされています。

製薬会社の管理薬剤師は年収1000万円を超えることもあるそうです。

・治験コーディネーター(CRC)

CRCをひとことで表すと「治験に関わるあらゆる人をつなぎ、調整する」役目を果たしています。

治験実施計画書(プロトコル)・治験薬概要書の確認、治験を行う医療機関にて打ち合わせや関わる部署への説明、被験者の選択(スクリーニング)、被験者との面談・インフォームドコンセント(被験者が治験に同意し意思表示の確認を取ること)が主な業務内容となります。

治験を無事に遂行することが目的のため、業務内容は多岐に渡り大変ですが、やりがいのある仕事です。

CRCもまた、資格はありませんが、転職にはCRAや臨床経験のある人が有利とされます。

薬剤師についても、臨床は未経験でも、薬学の知識を生かし転職をすることは可能です。

年収ですが、CRCの平均年収は350~400万円とあまり高くありません。

薬剤師が未経験から転職した場合は年収ダウンは避けられないところです。

・CRA(臨床開発モニター)

CRCが主に被験者や医療機関をサポートするのに対し、CRAは被験者の安全性が保証されているか、適切に治験がなされているか、治験のデータが適正なものであるかを精査する「モニタリング」が主な業務内容となっています。

現在CRAは人材不足であり、未経験者でも転職が可能となっています。

もちろん薬剤師の資格と知識があれば転職もしやすいでしょう。

年収は約400万円程度なので、薬剤師の平均年収とほぼ変わりません。

製薬の業界に転職する場合の職種や求人状況について

現在、薬剤師として働いている人が転職を考えた際、いちばん近くて転職しやすい業界が「製薬」ではないでしょうか。
今現在の製薬業界の求人状況はどうなっているのでしょう。

製薬会社の求人状況


求人数は多いのか、製薬会社の離職率は高いのか低いのかを説明します。
薬剤師が製薬会社へ転職する場合は、やはりハードルが高いといえるでしょう。
製薬会社で薬剤師が転職可能な職種として、研究開発や品質管理のほかにCRA(臨床開発モニター)やMR(製薬会社の営業職)があげられます。
例えば、製薬会社の研究職として新薬の研究や開発に携わりたいと考えた場合、薬剤師の資格さえあれば転職可能かといえば、そうではありません。
新薬の開発の求人自体が希少であり、なおかつ博士号を取得した人に限られているケースがほとんどです。
研究職は最も転職に難しい職種といえるでしょう。

製薬会社で転職しやすい業種は?


では、製薬の会社の中でも、比較的転職が叶いやすい職種はどのようなものがあるのでしょうか。
薬の品質管理を行う管理薬剤師は、その専門性を生かせれば転職は可能ですが、求人が少なく競争相手が多いことがデメリットです。

・資格が必須ではない業種

CRAやMRは薬剤師の資格は必須ではありません。
ですが、CRAは臨床開発が正確に行われているかのチェック業務になりますし、MRは病院や調剤薬局に自社の薬がいかに良いかを売り込む仕事です。
マストではありませんが、薬剤師の資格で得た知識を十分に生かすことができるため、無資格の人に比べ転職は有利といえます。
今現在の製薬会社の求人状況ですが、求職率は年々下降傾向にあるといっても過言ではありません。
研究・開発については、大手製薬会社がかつて開発した薬の特許切れが相次ぎ、新薬の開発についてもたいへん難しい状況です。
外資系製薬会社の拠点も減りつつあるため、門戸は大変狭いといえるでしょう。

求人数の多い業種は?


比較的求人が多い職種はCRAとMRです。
CRAは人気の傾向にあるため、倍率は高いといえます。
MRは薬剤師にとってかつて人気の職業でしたが、現在はある程度落ち着いてきているようです。
製薬会社の離職率ですが、研究職や品質管理などはやりがいもあり、離職率は高くはありません。
いちばん離職率が高い職種はMRです。
年収は高いですが、営業職のため残業や休日出勤・接待・転勤が多く激務であることが離職理由として最も多くあげられます。
またCRAは女性が多い職種であるため、結婚や出産・育児による離職が目立つことが特徴です。