Category: 英語力を使った転職

製薬の業界に転職したら、英語力は必要なのか

製薬の業界への転職を希望する場合、英語力があったほうがよいという声があります。
英語力は必要なのでしょうか。
また、必要ならどの程度の英語力を問われるのでしょうか。

製薬業界で英語力は不要?


結論からいうと、英語力は必ずしも必要ではありません。
内資系メーカーのMRや薬剤師は英語をつかう機会があまりないからです。

ただし、ある程度英語力があれば、今後のキャリアアップになるので、ないよりかはあった方が転職に有利といえます。
外資系企業ではやはり英語は必要です。
上司が外国人であったり、海外拠点との折衝に英語を使う機会が多いからです。
その目安にはTOEICは判断材料になりますが、スコアの指標は会社によってまちまちです。
点数よりも「どの程度実務的に英語を使えるのか」というところが問われてきます。
英語を使えるかどうかで、内資系と外資系では年収にある程度の差があるということも現実としてあります。
実務的な英語ができるのであれば、製薬の転職でも学術やCROへと幅が広がります。
学術では主にDI(医療情報の収集)を行います。
医薬品の処方や症例報告は海外から論文を取り寄せることが多く、それを読解する能力が必要です。
また、CROでもグローバル化が進み、国際共同治験をするにあたって海外の担当者と英語で交渉をすることが必要となります。
最近では「医薬翻訳」という医学系の論文や薬学に関する翻訳専門の業務の需要が増えています。
ある程度の専門知識は勉強で補う必要はありますが、未経験者や派遣社員など幅広く募集をしているのが特徴です。
年収は300~700万程度と幅があります。派遣時給は高く1700円程度でしょう。