Category: 製薬会社の主な職種部門

製薬の会社に転職、どんな部門があるか

035b069d4fa317a1dd2e11eb9a10f900_s
製薬を扱っている会社に転職をしようと思ったとき、どの部門に絞って転職するべきでしょうか。
ひとえに製薬会社といっても、他の会社と同じように複数の部門に分かれています。

製薬会社の主な部門


・MR部門

ひとことで表すと「営業担当」です。
病院に行ったとき、アタッシュケースなどを持ったビジネスマンが患者と一緒に待合室にいるのを見かけたことはありませんか?彼らがMRです。
病院や調剤薬局を回って、自社の医薬品を使用してもらうよう売り込みをする仕事です。
一般企業の営業とは違い、必須ではありませんがMRには民間資格があり、医薬品に対する深い知識を持ち合わせていなければなりません。

・研究部門

いわゆる「新薬」を開発するための研究職です。
新薬が開発・認可されれば、何十年にも渡ってその企業に独占的な利益をもたらします。
まさに製薬会社の花形といえるでしょう。
仕事内容も複雑であり、あまたの化合物から新薬に効果があるとされるものを選別(スクリーニング)し、動物実験を繰り返していきます。
開発の前段階で英語の論文を読んだりするため、高い英語力も必要とされます。

・開発部門

研究の次の段階を担うのが開発の仕事です。
新薬自体を開発するのが研究部門、開発された新薬の安全性を確かめるために臨床実験をしたり、外部機関と連動して治験を行ったりするのが開発部門です。
安全性に関するデータを蓄積し、厚生労働省に申請・認可を得ることも開発部門の仕事です。

では、どの部門にも転職がかなうかといえば、そうではありません。
研究部門への転職はほぼ不可といっても過言ではありません。
まず研究職は必ず大学院の修士課程以上、博士号を取得している人に限られています。
そもそも募集自体が少なく、応募の要件も教授推薦が必要であったり、前職で何らかの研究をしていた人に限られます。未経験者を採用する確率はゼロに近いです。
開発部門についても同じことがいえます。
求人倍率は研究部門より落ちるようですが、やはり前職での開発経験が問われます。
どうしても臨床実験や開発にこだわりたいということであれば、製薬会社でなく、CROという臨床実験の外部機関の方が門戸が広いようです。
では、MRの転職はどうでしょう。実は、未経験者を広く採用している職種はMRなのです。
もちろん資格や知識は必要ですが、営業の面もありますので、営業職を生かして転職することが可能なのです。
製薬の業界への足掛かりとして、MRを選ぶ人は非常に多いといえるでしょう。