Category: 転職に向けて職種紹介

製薬の業界へ転職!職種紹介③CRO

製薬の業界の中で、注目されているのがCROです。
一般の人には耳慣れない言葉ですが、CROとはどういった職業なのでしょうか。
4bb645372e55620e85abdce4a7c09acd_s

CROとは


CROとは「Contract Research Organization」の略です。
製薬会社が、新薬の開発のために行う治験や臨床開発を代行するための外部機関となります。
製薬会社のサポーター的役割をしているといえるでしょう。
CROでの主な業務はモニタリングやDM(データマネジメント)になります。
モニタリングは治験が法律やプロトコル(治験実施計画)に基づいて正確に行われているかを監視する業務となります。
とくにモニタリングをする人のことをCRAと呼びます。
DMは臨床試験や治験で回収されたデータの管理を行います。
治験に関するメーカーなどの各担当者とのやりとりも業務のひとつです。

・CRO職の適性

未経験としてCROに転職する場合は、CRAとして採用されることになります。
CRAは製薬メーカーにもいますが、転職で中途採用を行っているところはほとんどありません。
CROはたくさんの製薬メーカーから治験を依頼されているため、需要が多く未経験者にも広く門戸を開いています。
大手のCROは研修体制が整っているところも多く、未経験者でも安心して就業ができるところが多いです。
必要な資格は得になく、前職が薬剤師や臨床検査技師であった場合年収に差がつくぐらいです。
雇用形態はDMは派遣もありますが、CRAは正規雇用が多いです。
平均年収はまったくの未経験者の場合400万円台が多いでしょう。
CROは製薬の業界でも成長が著しいため、昇給のチャンスも多いため入社後に年収をアップさせることが可能です。

製薬の業界へ転職!職種紹介②PV

製薬の業界で未経験からでも転職が可能な業種として、MRのほかに「PV」も求人の需要が高まってきています。
PVとはどんな職業なのでしょう。
6029b3f64f34072504244bc735112b19_s

PVとは


PVとは「Pharmacovigilance(ファーマコヴィジランス)」の略称で、安全性情報管理と訳されています。
医薬品には様々な副作用や飲み合わせなどによる問題があります。
その情報を収集して、分析をするのがPVの仕事です。
収集方法は二種類あり、現場のMRを通しての収集や国内外の症例の論文から副作用情報を集めるというかたちになります。
万が一、重篤な副作用が発見された場合には薬害として訴訟問題に発展せざるをえません。
それを食い止めるために、製薬メーカーにとってなくてはならない職業のひとつでしょう。

・PV職の適性

PVは比較的未経験者でも転職しやすい業務のひとつといわれています。
薬剤師の資格を持っているなど、薬学への知識が深い人であれば入口は狭くありません。
それに付随して、PVに求められるスキルのひとつに「英語力」があります。
分析に関する資料の収集のために、海外の論文や症例を読む機会が非常に多く、それを読みこなせるレベルと、海外メーカーの担当者とのやりとりができる英語力がないとPVは難しいでしょう。
未経験であっても、条件は高いといえます。
PVは、正規雇用としての募集もありますが、派遣社員としてPVを募集している企業も多いです。
正規雇用の場合は600~1000万円程度の年収が期待されます。派遣社員であれば時給2000円以上を超える場合が多いでしょう。

製薬の業界へ転職!職種紹介①MR

製薬に詳しくない人でも「MR」という言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
MRとはどんな職業なのでしょう。
b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

MRとは


MRとは「Medical Representative」の略称で医療情報担当者と訳されています。
製薬会社の営業部門に在籍しており、主な取引先は病院や調剤薬局です。
自社の医薬品を使用してもらうために、その医薬品に関する情報提供や売り込みをすることが主な仕事内容となります。
また、情報提供だけでなく、現地で聴取した医薬品の有効性や安全性・副作用などを企業にフィードバックすることも大切な仕事です。
営業の側面もあるため、医薬品の卸業者との価格折衝をする場合もあります。

MRはただの営業ではありません。
医薬品への正しい知識を持ち合わせることが必要なため、厚生労働省が認可した民間資格である「MR認定証」が与えられるようになりました。
資格の取得には試験と実務の両方が必要になります。
MRの仕事に必須ではありませんが、持っていない人はいないと言われるぐらいです。

・MR職の適性

MRは製薬の経験がなくても転職が可能な職種のひとつです。
コミュニケーション能力が高く、営業の仕事が好きという人に向いています。
年収は営業のためノルマや実績で大きく変動します。
平均で約700万円程度ですが、幅があるということを覚えておきましょう。
また、製薬会社のMRは国内各地への転勤が多いことでも有名です。
医師のスケジュールに合わせた休日出勤もあり、激務といえるでしょう。
女性の場合は結婚や出産で転職をするケースも多いです。